に投稿 コメントを残す

家でドイツ温泉療法が手軽にできる

エフプラネット瀬戸です。そろそろ寒い時期がやってきますね〜
みなさん、お風呂は毎日浸かってますか?
そんなことを聞いている私も、実は20代くらいの若い頃はシャワーで全てすませ、雀の水浴びレベルの超マッハでお風呂からあがることも度々ありました。
今思えば、背中ニキビや前髪の生え際に吹き出物ができていたり、二の腕ザラつきがあったり、、とにかく冷えがキツくて冬場は普通に靴下を履いていても足の指が霜焼けになるほどの極度の冷え性、さらに丸々としたふっくら体型。よく風邪も引くし、花粉症。
書いててもちーんて感じですけど、当時の私はそんなの普通普通〜みんなそうでしょ!くらいに思ってました。生活に支障もなかったからかな〜

肩出したり、スカート短かったり寒い格好でも〝かわいい〟を優先しがちの若い頃。

でも30代になってから?やっぱりお風呂にしっかり浸かって温まった時って、朝までの眠りが深いからか、体も軽いし、肌艶がめっちゃよいかも〜って気付いて
湯船につからない日のほうが1年を通して少ないくらい浸かってます^ ^
だってーめっちゃ気持ちいいんだもん〜♬
 

でも1時間くらいゆーっくり浸かりたいなぁって思ってても時間ないときは
【ホットタブ重炭酸湯】を2個入れて15分入ると、ぬるめのお湯なのに全身ポカポカなんです^ ^
すごいですよ!
ポカポカすぎて、夏なんて汗がとまらないの!当店では、お声かけてくれましたらお試し1回分もお渡し出来るので、是非試してみて欲しい冬のお勧めNo. 1のご紹介でした。
 
 


以下抜粋

医療先進国ドイツでは温泉を「医療」として健康増進に役立てています。
国が認定した「クアオルト」(健康保養地)には医師が常駐し、人々の病気の治療や日頃の健康管理のために活用しているのです。
クアオルトで行われるのが「重炭酸温浴」療法です。
この療法は手術はもちろん薬を使うこともなく、血流を改善することで免疫力・抵抗力・治癒力を高め、人を健康体へと変えていくのです。
【重炭酸湯浴はなぜ身体にいいのか 著者:斉藤一郎】の本より
 
 
 
 


この記事を読んだあなたは
きょうから湯船をためて
免疫力と疲労回復Upしてみてね♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。